MENU

大阪市で外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修、防水工事リフォームのことなら、外壁・屋根塗装専門店ラディエント

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-640-017電話受付9:00~20:00(年中無休)

  • 塗装の相談をしたい方はご来店予約 相談・見積すべて無料!
  • 塗装の費用を知りたい方は10秒でお問い合わせ!お気軽にご連絡ください。

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 外壁塗装 > 外壁塗装、モルタルについて

外壁塗装、モルタルについて

外壁塗装豆知識

2022.03.21 (Mon) 更新


大阪市の皆様こんにちは!

大阪市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店ラディエントです。

いつもラディエントの現場ブログご覧いただきありがとうございます♪

ブログでは、外壁塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。

ご自宅の塗り替えをお考えの方!ぜひご参考になさってください!

ラディエント中村です。

今回は、外壁材のモルタルについてお話します!

モルタル耐用年数は30年と言われています。塗装時期は新築の家で5~10年塗装する場合は10~15年が目安となっています。必ずしも5~10年、10~15年は塗装をしなくても大丈夫というわけではないため、あくまでも目安として知っておくと良いでしょう!

モルタル外壁の種類

ペースト状のモルタルは、いろんな形で仕上げることができます。

リシン仕上げ

リシン仕上げは、モルタル外壁の中でも非常に正統な仕上げ方です。リシン吹き付けとも言い、セメントに小さな砂利や砂、さらに樹脂を含む塗料を混ぜたものを、スプレーガンで吹き付けて、ざらざらした表面を作ります。わざと表面をブラシや尖った部材で引っ掻いて粗く仕上げるリシン掻き落とし仕上げなども選ぶことができます。リシン仕上げは比較的にコストが低いのですが、凹凸の隙間にコケなどの汚れが溜まりやすくひび割れが起きやすいというデメリットがあります。そのため、リシン仕上げではクラックを防ぐために、衝撃に対して柔軟に動いて割れを防ぐ弾性リシンが使われることがあります。

 

スタッコ仕上げ

スタッコ吹き付けとも言い、セメント、合成樹脂、骨材を混ぜて、専用のスプレーガンで吹き付けたり、コテやローラーなどで塗ったりして作ります。リシン仕上げ同様に、弾力性のある弾性スタッコも登場しています。表面を加工せずに仕上げたスタッコは吹き放し仕上げと呼ばれ、乾かないうちにローラーで表面を押さえて加工する仕上げ方は、ヘッドカットまたはヘッド押さえなどと言います。スタッコ仕上げの外壁は厚みがあるので、重厚感のある立派な外観デザインになります。しかし、リシン仕上げよりも凹凸の大小が激しいので汚れが入り込むと除去しにくいというデメリットもあります。また、スタッコの凹凸が塗料の乾燥を邪魔するので、塗膜の強度にムラができてしまう可能性があります。そのため、スタッコ外壁の塗り替えでは、シーラーと呼ばれる下地材で凹凸をしっかり保護することが推奨されています。

吹き付けタイル仕上げ

吹き付けタイルとは、1枚ずつ組み合わせる磁器タイルのことではなく、タイルガンという機械で作る、ランダムな模様を持つモルタル外壁のことです。ボンタイル仕上げ、もしくは複層模様吹き付けと言われることもあります。リシンやスタッコよりも不規則な凹凸を作ることができ、凹凸の調整は、吹き付けガンの口径で調節することができます。表面を押さて凸部を少し平らにする凸部処理仕上げが行われることもあります。吹き付けタイル仕上げでは合成樹脂が加わるため、つるつるとした陶磁器のような見た目になるので、水を弾きやすい外壁表面となります。さらに、弾性タイル仕上げを選ぶことによって、ひび割れにも強く、防水性も備えた外壁を手に入れることができます。

パターンローラー仕上げ

凹凸が付いたローラーで、モルタル表面に模様を作る仕上げ方です。

選んだローラーの凹凸によって好きなパターンを作ることができ、渦巻き状格子状といった定番の模様から、粗く不規則な手作業風の線、ほかにも、花柄などの特殊な模様のローラーも販売されています。厚みのある弾性塗材を使って弾性ローラー仕上げをすることもできますが、弾性塗料の粘り気に対応するために、弾性用の厚みのあるローラーを使わなければなりません。

⑤左官仕上げ

左官職人が、コテやくしなどを巧みに使って外壁表面に模様を作ります。四角いコテの角を使って作るスパニッシュ仕上げや、味のある縞模様を櫛で引っ掻いて作るクシベラ仕上げ、コテを車のワイパーのように動かして作る扇仕上げなどが有名です。左官職人の腕によって出来栄えが左右されるため、職人の施工事例を、写真などであらかじめ確認しておく必要があるでしょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

大阪市で外壁塗装するならお気軽にラディエントにお問い合わせ下さい。

ラディエントではご相談、お見積もり、現地調査全て無料です!!

戸建ての他にもマンション、ビル、店舗にも幅広く対応しております。

※お電話での受付もお待ちしております!!

フリーダイヤル:0120-640-017

電話受付 9:00~21:00

施工事例はこちら

お客様の声はこちら

相談無料 診断無料 見積無料 相見積もり大歓迎!

ご質問・ご相談にラディエントの一級塗装技能士が親身になってお答えします。

0120-640-017
受付時間9:00~20:00(年中無休)

  • 外壁塗装の相談をしたい ご来店予約はこちらから 相談・見積もり無料
  • 外壁塗装の費用を知りたい お問い合わせはこちらから お気軽にご相談ください
  • 外壁診断
  • 雨漏り診断

ラディエント代表よりごあいさつ

見た目と品質を兼ね備えた
「本当に価値の高いサービス」を提供

株式会社ラディエント

林 照剛
TERUTAKE HAYASHI

会社案内はコチラ

はじめまして、外壁塗装の専門店「ラディエント」代表の林照剛と申します。

当社は創業以来35年、関西一円(大阪、兵庫、奈良、京都、滋賀、和歌山)の地域密着型企業として真摯にリフォーム事業に取り組んでまいりました。「安心、信頼」を理念としております。

施工実績はすでに26,078件(2022年7月15日現在)これもひとえに皆様のおかげと心より感謝いたしております。

「ラディエント(radiant)」の社名は英語で「光輝く」という意味です。「皆さまのお家や地元関西の街並をキラキラ輝かせたい」という思いを込め、名づけました。

社名に負けず、見た目と品質を兼ね備えた「本当に価値の高いサービス」を提供し、地域の皆様の快適な暮らしを一緒に作っていくことが私達の何よりの喜びです。

目指すのはお客様の笑顔を実現し、安心・信頼できる地域一番の外壁塗装専門店。一戸建て、マンション、ビル、商業施設まで幅広く対応いたします。

当社の強みは自社職人により中間コストを省き、低価格を実現できること。

35年の実績から地域特性や傾向、ニーズも充分に把握しております。お客様お一人お一人のご要望をしっかり反映させたプランニング、デザイン力、コーディネート力はどこにも負けません。低価格ながら丁寧で上質な外壁塗装会社をお探しの方は、ぜひご相談ください。