MENU

大阪市で外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修、防水工事リフォームのことなら、外壁・屋根塗装専門店ラディエント

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-640-017電話受付9:00~20:00(年中無休)

  • 塗装の相談をしたい方はご来店予約 相談・見積すべて無料!
  • 塗装の費用を知りたい方は10秒でお問い合わせ!お気軽にご連絡ください。

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 外壁塗装 > 屋根の漆喰について

屋根の漆喰について

外壁塗装豆知識

2022.03.26 (Sat) 更新


皆さんこんにちは!

大阪市の外壁塗装専門店ラディエントの中村です。

漆喰とは、石灰を焼いたものに水を加えた、「消石灰」と呼ばれるものを主材料とする建材です。

棟にはいろいろな種類の瓦が積まれていますが、この一番下に塗られている白い部分が漆喰です。

丁度、棟の瓦と平面の瓦のつなぎ目の隙間部分を、保護するように塗られています。

耐火性に優れ、古くから家の様々な部分に使われてきました。

屋根において漆喰を使う場所は、主に「棟」と呼ばれる部分です。

 

 

棟には様々な種類の瓦が積まれていますが、この一番下に塗られている白い部分が漆喰です。

丁度、棟の瓦と平面の瓦のつなぎ目の隙間部分を、保護するように塗られています。

 

ではなぜ、棟には漆喰が使われているのでしょうか?

それは、棟に使われている「葺き土(ふきつち)」を保護するためです。

比較的に古い瓦屋根では、瓦を屋根に接着するのに「葺き土」と呼ばれる泥を使います。

「葺き土」は、時間が経過すると普通の乾いた土と変わらないので、水を吸いやすくなります。

棟の部分にもこの葺き土は使用されておりますので、

そのままでは水を吸いやすいままの葺き土が風雨にさらされてしまいます。

この土を守るため、漆喰を塗って葺き土を保護する必要があるのです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

大阪市で外壁塗装するならラディエントまでご連絡を下さい。

ラディエントではご相談、お見積もり、現地調査全て無料です!!

戸建ての他にも集合住宅、ビル、店舗にも対応しておりますので、ご興味のある方はぜひラディエンまでお問い合せください。

※お電話での受付もお待ちしております!!

フリーダイヤル:0120-640-017

電話受付 9:00~21:00

 

施工事例はこちら

お客様の声はこちら

相談無料 診断無料 見積無料 相見積もり大歓迎!

ご質問・ご相談にラディエントの一級塗装技能士が親身になってお答えします。

0120-640-017
受付時間9:00~20:00(年中無休)

  • 外壁塗装の相談をしたい ご来店予約はこちらから 相談・見積もり無料
  • 外壁塗装の費用を知りたい お問い合わせはこちらから お気軽にご相談ください
  • 外壁診断
  • 雨漏り診断

ラディエント代表よりごあいさつ

見た目と品質を兼ね備えた
「本当に価値の高いサービス」を提供

株式会社ラディエント

林 照剛
TERUTAKE HAYASHI

会社案内はコチラ

はじめまして、外壁塗装の専門店「ラディエント」代表の林照剛と申します。

当社は創業以来35年、関西一円(大阪、兵庫、奈良、京都、滋賀、和歌山)の地域密着型企業として真摯にリフォーム事業に取り組んでまいりました。「安心、信頼」を理念としております。

施工実績はすでに26,078件(2022年7月15日現在)これもひとえに皆様のおかげと心より感謝いたしております。

「ラディエント(radiant)」の社名は英語で「光輝く」という意味です。「皆さまのお家や地元関西の街並をキラキラ輝かせたい」という思いを込め、名づけました。

社名に負けず、見た目と品質を兼ね備えた「本当に価値の高いサービス」を提供し、地域の皆様の快適な暮らしを一緒に作っていくことが私達の何よりの喜びです。

目指すのはお客様の笑顔を実現し、安心・信頼できる地域一番の外壁塗装専門店。一戸建て、マンション、ビル、商業施設まで幅広く対応いたします。

当社の強みは自社職人により中間コストを省き、低価格を実現できること。

35年の実績から地域特性や傾向、ニーズも充分に把握しております。お客様お一人お一人のご要望をしっかり反映させたプランニング、デザイン力、コーディネート力はどこにも負けません。低価格ながら丁寧で上質な外壁塗装会社をお探しの方は、ぜひご相談ください。