ピュアコート | 大阪で外壁塗装をするならラディエントにお任せ

大阪で外壁塗装をするならラディエント


光触媒ピュアコート


 

ピュアコートとは?

ピュアコートANシリーズは、光触媒機能を持ったフッ素樹脂クリヤーコーティングです。光触媒反応は有機物を分解します。この性質のために、当社以外の一般的な光触媒塗料は、無機系樹脂を塗料化のためのバインダとしています。
ピュアコートANシリーズの違いは、唯一、光触媒に分解されない安定した有機系のフッ素樹脂を使って塗料化していることです。従来の無機系光触媒の問題点とされる
(1)塗が硬く伸張性に乏しい
(2)1μm以下という超極薄の膜しか形成できない
(3)塗膜が一般的な有機系樹脂(アクリル、ウレタン、フッ素樹脂)と密着でき   ない
   などを解決した画期的なコーティング材です。
 

ピュアコートANシリーズのオリジナル特長


 

ピュアコートはここが違う! 汚れにくく、下地を守る。


1 世界初Kynar型フッ素樹脂の汚染を光触媒技術で防ぐことに成功!
2 塗膜表面が高い親水性(接触角10°以下)により、 降雨によるセルフクリーニング機能を発揮します。
3 透明性の格段に向上した光触媒層でソリッド・メタリック双方に対応できます。
4 2C2Bで仕上げることも可能!(メタリックは3C2B) (当社製ピュアコートBT-K下塗を併用した場合)
フッ素を約60%を含有してその30年を超える超長期耐候性に実績のあるKynar型フッ素樹脂をベースとする工場内焼付ライン専用光触媒塗料です。
 

ピュアコートANの機能




分解力

光触媒(酸化チタン)に光(紫外線)が当たると、酸化チタンに活性酸素が生じ、この活性酸素が塗膜に付着した有機物を分解します。


有機物分解

太陽の光を受けると塗膜の中の酸化チタンが活性酸素を生み出します。この活性酸素が汚れを分解し、汚れの付着力を弱めます。


NOx分解機能



親水性

親水性とは、水を弾く撥水性と逆の現象で、表面に水がなじみ、水滴にならず水膜ができる現象です。外壁の汚れの原因は雨水に含まれる大気汚染物質が壁に付着するからです。撥水性の表面では水は弾きますが雨の水滴の中に含まれる汚染物質は付着してしまいます。 親水性表面では、雨が降ると、そうして付着した親油性物質を水膜で浮かして洗い流す現象が起こります。(1)の分解力と併せて、光と水による「セルフクリーニング効果」といいます。 また、ピュアコートANは、親水性フッ素樹脂の特長で光が当たらない箇所でも親水性を発現します。


静電気防止

塗膜自体が導電性を持っているため、静電気を防いで乾燥状態でもチリ・ホコリが付きにくくなります。




おすすめの塗料一覧

はじめに 事例 声

外壁無料診断はこちら

 
無料診断

お客様が選んだ塗料ランキングはこちら

 
塗料ランキング
 

お得なWEBキャンペーン情報はこちら

外壁塗装リフォームキャンペーン 奈良

ラディエントへのお問い合わせはこちら

     
   
   
   
   
   
     
     

奈良

map2.jpg







その外壁塗装 本当に安心して任せられますか?
外装  ガイナ 大阪 ラディエント  
外装  ガイナ 大阪 ラディエント  
kyujin.jpg
newlife.jpg
br03.jpg
media.jpg

banner200.png

b200_100-2.gif

ok_220_90_2.gif

index02-bnr3_01.png

Visa Master Saison Coiney